ご報告 -INTERNATIONAL PHOTO AWARDS-


国際写真コンペ IPA(インターナショナル・フォト・アワード)で入選しました。

“Yamahoko” in the Modern City -山鉾と現代都市-  Event, Traditions and Cultures 部門 入選

http://www.photoawards.com/winner/zoom.php?eid=8-181040-19

山鉾と現代の街が対峙する路上空間に惹かれ、上のような大きな街路、また町家や小さなビルが立ち並ぶような通りで、山鉾のある風景を撮った組み写真を出品しました。

----------------

(テキスト和文)

京都では古来から梅雨の時期に疫病が流行り多くの人が死んだ。中世の人々は、その原因は疫神が蔓延するからだと考え、美しく飾った神座をつくり、町内を引き回して悪い神を集め、町から追い出そうとした。厄神は鉾のようなキラキラしたものに集まるという言い伝えから、当初は剣型の鉾であった。

その神座の引回しが、14世紀から始まる山鉾巡行で、夏の1ヶ月間執り行われる京都祇園祭のハイライトである。

巡行前後の数日間、数十基の山鉾が京都市内の路上各所に鎮座する。

それは、古来から引き継がれているの祈りの形(デザイン)が、現代都市に対峙する空間となる。

天に向かって長く伸びる鉾や山は、今なお効力があるように見える。

----------------

最近気付いたのですが、、、自分は、時代を経てきた古いものが、今においてどのように存在しているか、ということに大きな興味があるようです。

​ recent entry
category
archave

写真家 フォト・チヒロ

Copyright © 2016 fotochihiro. All Rights Reserved.