長屋の素形


素、あるいは素地といったものか。

撮った場所は、以前の仕上げ材が取り去られた状態の工事前の町家。

京都市内の路地奥の長屋で、建物の骨格は細く、つくりもどちらかというと簡素で、

町家の専門家が言う、いわゆる「文化財としての町家」ではないそうだが(家主談)

惹かれるものがあって、工事前に写真を撮っている。

築年数は100年を超えてるとのこと、この簡素な骨格で、

何世代もの家族に空間を提供してきたという、建物としての存在感を

撮りながら感じている。

​ recent entry
category
archave

写真家 フォト・チヒロ

Copyright © 2016 fotochihiro. All Rights Reserved.