April 25, 2019

ライフワークとなっている琵琶湖の撮影。

写真は2月のもので、たまたま一緒に撮りに出かけた夫が撮ってくれたもの。

気温は零度以下、いくら着込んでも1時間も経つと体が震えてくるような寒さでした。

しかし、1年撮り続けた感じからすると、

やはり寒い日の方が、琵琶湖が大胆に色づくことが多く、

運が良ければ、色彩を体感できるひと時になります。

web 琵琶湖の色彩  https://www.chihirotanakaphotography.com/

instagram   https://www.instagram.com/chihirotanaka.ph...

January 8, 2019

新年あけましておめでとうございます。

今年も琵琶湖の写真、建築の写真等々、沢山撮ろうと思います!

そして仕事はじめ早々、嬉しいニュース。

国際写真コンテスト Tokyo International Foto Awards(TIFA) 2018にて

Honorable Mentionとして入賞しました↓

"The Lights In Lake Biwa"

https://www.tokyofotoawards.jp/winners/hm/2018/23-16073-18/  (出品作品)

上の写真は、コンテストに出品した組写真の一枚です。

今までコン...

September 6, 2018

日々撮っている琵琶湖の色彩、こちらの方のインスタも始めました。

インスタの形式上、6×9の比率では載せられず、本来の写真を上下少しカットした形になっていますが、ホームページよりも頻繁に更新しています↓

https://www.instagram.com/chihirotanaka.photography/

March 9, 2018

 昨年より続けている、琵琶湖湖畔の撮影。

色彩の変化が大きい朝と夕に、よく撮影に出かけています。

その写真たちがある程度の量になったので、新たに別のサイトをつくりました。

琵琶湖とその空の色彩を追いかけた写真、ご興味ある方は、↓にご訪問くだされば。

Colors of Biwako https://www.chihirotanakaphotography.com 

こちらも宜しくお願いします。

このブログが付属しているfotochihiro.comのサイトは、仕事の写真の他、空間をテーマとした写真を載せていく予定です。

December 11, 2017

陽が昇る前の空なので、曙色と付けたかったが、

曙色とはもっと軽やかなオレンジ系の色ようだ。

調べてみると、上のオレンジ部分は、「丹色(にいろ)」という色に近かった。

丹色とは、古い言葉で、赤土の色のことだそう。

写真中心のSNS、flickrに時々投稿しているが、

最近投稿した写真に、マーク・ロスコという画家の絵を連想するというコメントをもらった。

このコメントで、最近自分が朝晩の空と湖面と撮っているのは、風景を撮っているといより、

朝晩の色のグラデーションにハマっているのだと、はっきり自覚した。

これからも自分なりに湖国の色を撮っていこう。

November 29, 2017

日の出2〜3分前。

太陽が顔を出すあたりが、紅く色づき始める。

November 28, 2017

 日の出前の僅かな時間に現れるオレンジ。

湖面も染まる。

November 1, 2017

 日の出前の時刻。琵琶湖も赤みを帯びる。

拡大写真:https://www.fotochihiro.com/lakebiwa

Please reload

category
archave
Please reload

写真家 フォト・チヒロ

Copyright © 2016 fotochihiro. All Rights Reserved.