November 29, 2019

国際写真コンペ IPA(インターナショナル・フォト・アワード)で入選しました。

(入選発表から随分と時間が経ってしまいましたが、、。)

The protoform of the “Nagaya”  -長屋の素形-     建築部門、Analog / Film 部門  入選

http://www.photoawards.com/winner/zoom.php?eid=8-177121-19

このコンペでは、Analog / Film 部門が新設されており、この部門にも出品したところ入選しました。

デジタル...

September 27, 2019

国際写真コンペ IPA(インターナショナル・フォト・アワード)で入選しました。

“Yamahoko” in the Modern City  -山鉾と現代都市-      Event, Traditions and Cultures 部門 入選

http://www.photoawards.com/winner/zoom.php?eid=8-181040-19

山鉾と現代の街が対峙する路上空間に惹かれ、上のような大きな街路、また町家や小さなビルが立ち並ぶような通りで、山鉾のある風景を撮った組み写真を出品しまし...

July 18, 2019

現代都市の路上にポンと置かれた、中世の仮設建築とでもいえる山鉾(可動建築でもありますが)。

京都祇園祭の数日間に現れるこの路上空間、とても惹かれます。

July 9, 2019

この改装前の長屋の空間で撮影した時、確実に感じたことは、

簡素な骨組みがつくる空間の清々しさと、長年の荷重によって骨組みはやや歪み、内装も剥ぎ取られた状態ながらも、この建築が「現在進行形である」ということでした。

この撮影では、ほとんどのカットをモノクロフィルムとカラーフィルムで撮影しています。

あくまで個人的な感触なんですが、この撮影に限って言うと、モノクロのものは、「空間の(過去の)証拠」、カラーフィルムの方は、「現在進行形である建築の生命感」、という印象を覚えました。

建築をどう捉えて撮るのか、、フィルムの種類も撮影時の大きな選択肢で...

July 9, 2019

京都市内の築100年以上の長屋 -改装前で天井などが剥ぎ取られた状態の- を撮影する機会に恵まれたこと、前にこのブログでお伝えしました。そのうち5点の写真を国際写真コンペ  Minimalist Photography Awards に出品したところ、建築部門で入選しましたので、ここでご報告します。

The Protoform of the “Nagaya”

https://minimalistphotographyawards.com/2019/07/02/the-protoform-of-the-nagaya/

------...

April 16, 2019

京都市内の築100年以上の長屋 -改装前で天井などが剥ぎ取られた状態の- に出会い、撮影する機会に恵まれたことを、先日ブログに記しました。そのうち5点の写真を国際写真コンペ  Fine Art Photography Awards に出品したところ、建築部門で入選しましたので、ここでご報告します。

The Protoform of the “Nagaya”

https://fineartphotoawards.com/winners-gallery/fapa-2018-2019/professional/architectur...

January 23, 2019

建築の「屋根」に着目して撮っているシリーズ。

そのうちの1点、国際写真コンテストMONOCHROME AWARDSに応募したものが

この度入賞(Honorable Mention)しました。↓

「The roof of Japanese architecture as a symbol」

https://monoawards.com/winners-gallery/monochrome-awards-2018/professional/architecture/hm/8124(出品作品)

神社や寺、そして民家など、滋賀には、まだまだユニークな...

January 22, 2019

京都市内に多く見られる「うなぎの寝床」敷地に立つ住宅。

床面積小さな住宅であるがゆえに、どこの空間も、

能勢さんのご家族にちょうど良い大きさに作り込まれているように感じました。

サイズぴったりの服が着心地良いのと同じ感覚なのでは。

ノセ設計室 http://a-nose.com

https://www.instagram.com/nose_architects/

January 15, 2019

昨年末に京都市内に建つ住宅を撮影をしました。

家自体は一昨年に竣工していて、住人の動作や、日々使うモノの置き場所などから、

空間が住まい手に、すっかりフィットしている様子が感じられました。

竣工写真というと、仕上がり直後、建物の持ち主の引越前に撮影することが多いのですが

このように住人の暮らしが、空間に馴染んでいるところを撮影するのも、なかなか楽しいものです。

この家の設計は、京都のノセ設計室によるもの。(建築家能勢さんの住居兼事務所)

思い返せば、今まで能勢さんに依頼されたの竣工写真も、住まい手が家に落ち着いている状態で、住人入っての撮影でし...

November 27, 2018

一昨年より、建築の「屋根」に着目して写真を撮っています。

そのうちの数点を、国際写真コンテストND AWARDS(Neutral Density Photography Awards)に応募したものが

この度、入賞(Honorable Mention)しました。↓

「The roof of Japanese architecture as a symbol」

https://ndawards.net/winners-gallery/nd-awards-2018/professional/other/hm/7730(出品作品)

最初は単純に心惹...

Please reload

category
archave
Please reload

写真家 フォト・チヒロ

Copyright © 2016 fotochihiro. All Rights Reserved.